FC2ブログ

冬の消毒 ダコニールと石灰硫黄合剤について


今日はこちらでも、うっすら雪が積もって、

今年一番の寒さだったでしようか

こんなに寒いとお庭の作業はできなくて

しかたがないので、お部屋のお片付けと

お掃除に精をだしました

s-0118IMG_0073.jpg

アンジェラと芝生も、ほんのり雪化粧です。


s-0118IMG_0084.jpg 
 
メネシアは大丈夫かしら

s-0118IMG_0091.jpg 

エンジェルさんも雪を被って寒そうですね


s-0118IMG_0108.jpg 
つるヘルツアスの蕾を切って、生けてみました

まだちいさい蕾だったので、絶対咲かないと思ってたら

開いてくれました。嬉しいわ。


冬の消毒

昨年の秋以降、バラの消毒をしていなかったので

葉を落とす前は黒点病が蔓延していたのですが

冬に濃いめの農薬を散布すると

春になって病気の発生を

格段に抑える事が出来るといわれています。

今日は消毒担当の主人とモコちゃんが

冬の消毒について解説します (=^・^=)

s-0118IMG_0131.jpg 

冬の消毒の定番は、ダコニール1000と石灰硫黄合剤

どちらかを冬に数回噴霧します

s-0118IMG_0132.jpg 

ダコニールは園芸用の基幹殺菌剤

(モコ)  通常は1000倍に薄めて使うニャン

でも、冬の消毒は50倍に希釈して使います

1000倍希釈だと、左の30ml 入りで

十分なのですが、50倍希釈だと、30ml入りでは

たった1500ml しか作れませんね

1本700~800円もしますから庭全体に噴霧となると

何本も買わなくてはならず、凄い出費になってしまいます。

そこで、真ん中のは250ml入りで、1000円程度

これなら、50倍希釈で 12.5Lも作れます

どちらも成分は同じなのですが、

(モコ) どうしてこんなに容量が違って値段が同じニャン

答えは、小さい容量は高くつくのと

250ml入りを買って通常の1000倍液で使うと 

250Lも出来て、有効期限内に使い切れなくなって

しまうので、こちらは主に業務用

家庭用としては、30ml入りで十分ということでしょうか。

でも、我が家には150本以上のバラがあるので、

250ml 入りを使います。

500ml 入りも売っていて、こちらは1800円くらい

s-0118IMG_0133.jpg 

石灰硫黄合剤は殺虫、殺菌効果作用を持つ農薬

強アルカリ成分で、金属を溶かす恐れがあり

(モコ) フェンスやアーチにかかると錆びてしまうニャー

要注意ですが、効果は抜群
 
黒点病やうどんこ病の殺菌から、

カイガラムシやハダニの駆除まで

バラには10倍程度に希釈した液を使います

バラの周りの土にも撒いておくのもいいようですく
 s-0118IMG_0134.jpg

石灰硫黄合剤は噴霧器を痛めることもあるので、

使用後は十分に洗わないといけません。

でも、バケツで希釈して、如雨露で撒くのは

斑が多すぎてお勧めできません

モコちゃん バケツは薄めるだけだよ
 

(モコ)    そうだったのニャン (=^・^=)



今日のにゃんこ

s-0118IMG_0098.jpg

ここから遅めの朝日が昇ってくるニャン

雪の日の、日の出もキラキラ輝いて

綺麗だニャン 
s-0118IMG_0114.jpg 

最近、ルナちゃんとモコちゃん

くっついて寝ることが多くなったみたい

寒くなったからでしょうか

仲良くしてくれるのが一番ですね


ランキングに参加しています

下の 妖精さん を ポチっと押してね。


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
宜しかったらこちらの方も
    

 

スポンサーサイト



プロフィール
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2013年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問
閲覧
カテゴリ
最新記事
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ一覧
ブロとも一覧

アロマサロン HEARTY ブログ

bibimama♡夢の家ブログ

アンティーク調ジュエリー工房のMICHELLE  ミシェル

猫の来る庭 O's Garden